PES(リップスライム)の脱退理由は?不仲でパシリ説やメンバー間のいじめなどの経緯を調査

大人気ヒップホップグループとして数々の名曲を生み出したリップスライム。

人気の最中、2018年に活動を休止したことで世間を驚かせたリップスライムですが、そのメンバーのPESさんがグループを脱退していたことが明らかになりました。

さらに驚きなのは脱退した年。

実は2017年にはすでに脱退していたようです。

いったい理由は何だったのでしょうか。

この記事ではPESさんの脱退の裏側について調べていきたいと思います。

 

リップスライム(RIP SLYME)のPESが脱退していた!現在までの経緯

2021年11月1日のインスタグラムで突然語られたPESさんからのメッセージです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

pepes(@pepes_jp)がシェアした投稿

真っ白な画面に驚きましたが、特に『20年以上色々ありましたがこれで終わりにします』という言葉に強いメッセージを感じますね。

この投稿を持って脱退を表明した文面のように取れますが、実は脱退は2017年の9月のこと。

どうしてこのようなことになったのか、リップスライムの現在までの道のりについて探ってみたいと思います。

  • 1994年にリップスライム結成
  • 1995年にインディーズデビューを果たす
  • 2001年にメジャーデビュー
  • 2003年に5万人を動員した史上初となる野外ライブ開催
  • 2017年にはメンバーのSUが不倫報道による活動休止
  • 2018年にはリップスライムの活動休止が発表される

2000年代は飛ぶ鳥を落とす勢いでヒット曲を連発し、ドラマ・映画の主題歌、CMなどに数多く採用されていました。

しかし2017年にその流れは止まってしまいます。

 

当時、大塚愛さんと結婚していたSUさんが22歳年下のモデル・江夏詩織さんと不倫をしていたことが発覚。

このことが原因で、SUさんは活動休止を余儀なくされます。

その後、大塚愛さんとは2018年11月に正式に離婚。

この騒動がグループに与えた影響は大きく、翌年の2018年にリップスライムの無期限活動休止に繋がってしまったのです。

ファンの間では復活を待つ声が多くありましたが、今回のPESさんの脱退を受けて、再び元のリップスライムの姿を見ることができないのだと落胆の声が上がっています。

リップスライム(RIP SLYME)のPESの脱退理由は?不仲でパシリ説

そして、PESさんが脱退した裏側にはメンバーとの不仲があったようです。

PESさんの過去の書き込みに不仲を感じさせる表現を見つけました。

 


2019年の発言ですが、活動休止中のグループの中で発言する立場にないことを語っており、”パシリ”という言葉からもメンバーとうまくいっていなかったことがうかがえます。

このほかにも『三人には何度も心を折られてきているので…。』という言葉が飛び出していたことから、長年にわたって歪みが蓄積されていたのではと想像できます。

では、特定のメンバーからパシリにされていたのか?というと、そのような事実は見つけることができませんでしたので、全員からパシリ扱いされていたのかも知れません。

2017年にはすでに脱退していたPESさんですが、2018年にリップスライムが活動休止することになったことをニュースで知ったと言います。

メンバーと良好な関係を結んでいたならば脱退していたとはいえ、さすがに活動休止の連絡がPESさんにも入るはずですよね。

そんなPESさんとメンバーとの不仲説が浮上したのは、2003年ごろ。

特にメンバーのILMARIさんとの不仲は有名で、

PESさんによる『虹』という楽曲には、ILMARIさんが不参加だったのです。

「三人には何度も…。」と言っていたPESさんの発言から

ILMARI(MC)

RYO-Z(MC)

DJ FUMIYA(DJ)

と、特に不仲だったのではと考えられます。

初期メンバーであったPESさんと、同じく初期メンバーであった ILMARIさんやRYO-Zさんと不仲だったということは、活動再開への道のりは限りなく遠いものとなっていると考えられそうですね。

活動再開を願うファンにとっては、残念な状態と言えます。

リップスライム(RIP SLYME)のPESは脱退後どうなる?今後の活動とは

2017年にリップスライムを脱退していたPESさんですが、その後ソロでも活動し、YouTubeドラマへの楽曲提供や、様々なアーティストとのコラボなど精力的に活躍されています。

Awesome City Clubnoや、KEN THE 390。とのコラボも新しいですね。

リップスライムを脱退してから4年が経ちますが、ソロとして活動されているPESさんの今後の活躍を楽しみにしていきたいと思います。